何かを変えるため東京に行ってきました。

更新日:2016.01.30

こんばんわ。ミヤです。

 

先日東京に出張してきました。

 

今回タイヤ屋としては全く関係のない旅です。でも会社としては重要な旅です。

 

前々から豪語していますが

 

シーエルタイヤは普通のタイヤ屋を目指すつもりは1mmもございません。

 

常に何かを変えてやろうと思い動いております。

 

それを念頭に置いていただきこの旅のレポートを報告させていただきます。

 

まず目的は経済産業省が手がける「IOT推進ラボ」というイベントに参加することです。

 

はじめにも言いましたがタイヤとは全く関係ございません 笑

 

僕は島根県庁の方々とそのベンチャー企業の若手としてお声をいただいたので即答で手を挙げました。

 

こういう場合、行けば絶対何かあるんです。

 

普段自分の業種、テリトリーに捉われると何も新しいことが起きないし視野も広がりません。

 

ということで広島まで車で乗せてもらい広島空港から東京へ旅立ちました。

IMG_6804

 

夜7時くらいにホテルに到着し、チェックインの済まし同行していた方が銀座に仲の良い東京の社長を集めてくれていたので同席させてもらいました。

 

結局10人くらい集まって有意義な交流ができましたよ!

IMG_6806

 

そして翌日IOT推進ラボが開催される一橋講堂へ

 

ちなみにIOT推進ラボとは250社の企業が観光、スマート工場などを基軸にしたIOTをプレゼンし、それを自治体とマッチングを図り地方に持って帰るというのが趣旨だと思います。

IMG_6810IMG_6812

 

僕は島根県チームとしての参加だったのですが島根県商工労働部の参与に招集され、ほぼ事業ミーティングをしてました。

 

参加してた自治体の中でも島根県は最多の参加ということと、この参与がすごく能力を買われていて何かと優遇されたり経産省の上層部の方たちとも名刺交換する機会を与えてもらえました。

 

驚いたのが経産省審議官のお付きの方たちの中で僕と同年代くらいの人達が多かった事。

 

 

これも一つ刺激になりつつ、巷では流れてない情報も持って帰ることができました。

 

そして今本当にイノベーションが求められています。

 

年齢は若ければ若いほど有利です。経験を積まれた年配の方たちはいかに若手を伸ばすかが重要だと考えられております。

 

僕も自分の事をただのタイヤ屋だとは捉えておりません。

 

タイヤという業界を通じて流通の仕方や小売のあり方などにイノベーションをもたらすことが使命かなと。

 

だからこういう場所にも出向きますし、先輩方に多くの人脈を紹介していただいてます。

 

そして帰りは噂の寝台列車「サンライズ出雲」で松江に帰ってきましたよ!

IMG_6820 (1)

IMG_6823

 

寝てる間に松江に着くので時間の有効利用、ホテル代など考えるとかなりオススメできる手段ですね!

 

PS:娘がインフルAに当選しました・・・一家全滅は避けたいので家の中でもマスクをしています。皆さんもマスクは必着で手洗いうがいで予防してくださいね!